産み分け希望があるなら排卵検査薬も試しておきたい

2人目の妊活です。1人目は男の子なので、妻とも相談し女の子が欲しいということでかなり計画的に妊活動を始めました。まず、妊娠するためには女性側は基礎体温が重要であるということで、妻は基礎体温計を購入し、毎朝決まった時間に測定していました。測定した基礎体温はスマホのアプリで管理していました。次はいつごろ生理がくるのか、妊娠しやすい時期はいつなのかを知らせてくれる機能がついているアプリで、男性側も同じ情報を共有することで妊活への意識が高まりました。

妊娠するためには、排卵日を特定することが最も大切ですが、これを特定するのはとても難しいのです。まず基礎体温について説明すると、生理が始まってから約14日間は低温期と呼ばれる時期になります。妻の場合、低温期の平均は35.9度と割と低めの体温でした。低温期の最終日付近にはがくんと体温が下がります。この体温が下がった日、もしくはその翌日付近が排卵日といわれていて、排卵日からは体温が0.3度ほど上昇します。妻の高温期の平均は36.4度でした。高温期も約14日続き、その後体温が下がると生理になります。

男の子を希望する場合、排卵日当日もしくは1日前のタイミングで、女の子の場合は排卵日2・3日前にタイミングをとるといいといわれています。我が家は女の子希望だったので、基礎体温計と共に排卵検査薬も併用しました。加えてピンクゼリーというものも購入してみました。(ゼリーはあまり使用しませんでした高いです)排卵検査薬は排卵日の約2日前を教えてくれるので、排卵検査薬が陽性になった日にタイミングをとりました。

妊活を始めてなかなか授からず、基礎体温に一喜一憂する妻と私。基礎体温もリズムが崩れたり、高温期が短かったりと妊娠できないのでは?と不安に思ったこともありましたが。妊活を始めて4カ月で授かることができました。結局排卵検査薬を使用しましたが、妊娠したと思われる周期には排卵検査薬が陽性になった日が2回あり、どちらで排卵したのかわかりません。

女の子希望ではありますが、まだ妊娠初期のため性別はわかりません。しかし子供は授かりものなので、どちらの性別でも嬉しいです。妊娠希望、産み分け希望のあるご夫婦には基礎体温をつけることと、排卵検査薬の併用をオススメします。また妊活が長引くと気分が落ち込んだりしますが、そういうときは出かけたりして気分を晴らすことが大切です。あと妊活で喧嘩をしないことですね。それが一番大切だと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です